南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.2更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、愛知、愛媛
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

兵庫県の過去の被害地震と将来活動する可能性のある主な活断層


スポンサーリンク
 

 

 

過去に兵庫県に被害が生じた地震

兵庫県での歴史の資料に記録されている最も古い地震は、868年のM7.1の地震で、この地震では、播磨諸郡の官舎や諸定額寺の堂塔が倒れるなどの被害が生じたと記録されています。

 

この地震は活断層の調査などによって、この地震は山崎断層帯の活動による可能性が高いと考えられています。

 

 

1596年に発生した慶長伏見地震では神戸や有馬などで家屋の全壊などの被害が相次ぎました。

この地震は有馬、高槻断層帯の活動によるものと推定されています。

 

 

1995年にはM7.3の兵庫県南部地震(阪神、淡路大震災)が発生し、京阪神で死者6000人を超える重大な被害が生じました。

これは六甲、淡路島断層帯の活動によるものだと推定されています。

 

 

更にその他には、1925年に発生したM6.8の北但馬地震で県内で豊岡市城崎での火災などによって死者400人以上の被害が生じました。

 

 

兵庫県の主な活断層

山田断層帯

山田断層帯は、山田断層帯主部と郷村断層帯に区分されます。

 

山田断層帯主部は、京都府宮津市北部から与謝野町を経て、兵庫県豊岡市に至る断層帯です。

約3300年前以前に活動があったと推定されていますが、その平均活動間隔は不明です。

 

今後の発生確率は不明ですが、万が一活動した場合はM7.4程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

郷村断層帯は、京都府丹後半島北西沖合いの海域から京都府京丹後市大宮町口大野付近に至る断層帯です。

郷村断層帯は1927年の北丹後地震で活動があったと考えられていて、平均活動間隔は、10000年~15000年程度の可能性があります。

 

経過率から考えると今後発生する確率はほぼ0%で、活動することは考えにくいですが、万が一何らかの要因で地震が発生した場合はM7.4程度か、それ以上の規模で発生する可能性があります。

 

 

有馬、高槻断層帯

神戸市北区の有馬温泉西方から高槻市街地北部に至る断層帯で、長さは約55kmになります。

 

本断層帯は活動度が高く、少なくとも過去約3000年の間に3回活動していて、いずれもM7クラスの大規模地震が発生しています。

 

今後30年以内に発生する確率は0.3%とされています。

 


スポンサーリンク
 

 

六甲、淡路島断層帯

大阪府箕面市から兵庫県西宮市、神戸市などを経て淡路島北部に至る活断層で、六甲、淡路島断層帯主部、淡路島中部の洲本市から南あわじ市に至る先山断層帯からなります。

 

六甲、淡路島断層帯主部は、六甲山地南縁、淡路島東岸区間及び、淡路島西岸区間の2つに区分されます。

 

六甲山地南縁、淡路島東岸区間は16世紀頃に活動があった可能性があり、その平均活動間隔は約900年~2800年程度であると推定されています。

 

仮に活動間隔を900年とすると、その経過率等から、今後30年以内に発生する確率は1%と高く評価されています。

 

更に活動した場合の規模も大きく、M8クラスの地震が発生する可能性もあると考えられています。

 


淡路島西岸区間では、1995年の阪神淡路大震災で活動があったと考えられています。

 

平均的な活動間隔は約2000年前後であることから、今後当分は活動が考えられないとされています。

 

万が一活動した場合はM7.1の地震が発生する可能性があります。

 

 

先山断層帯は、11世紀~17世紀の間に活動したと推定されていて、その平均活動間隔は約5000年以上であると考えられています。

 

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM6.6程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

中央構造線断層帯(紀淡海峡、鳴門海峡区間)

和歌山市付近ないしその西側の紀淡海峡から鳴門海峡に至る区間で、約2600年~3100年前に活動があったと推定されています。

 

活動間隔は約4000年以上で、今後30年以内に発生する確率は1%と高く評価されています。

 

万が一活動した場合はM7.5程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

山崎断層帯

岡山県東部から兵庫県南東部にかけて分布する活断層帯で、那岐山断層帯山崎断層帯主部草谷断層の3つの起震断層に区分されます。

 


那岐山断層帯は、岡山県苫田郡鏡野町から岡山県勝田郡奈義町に至る断層帯です。

 

この断層が過去に活動した記録はないため不明ですが、平均活動間隔は2万年以上で最低限考えられる経過率から算出しても今後の発生確率は0.1%とやや高く評価されています。

 

万が一活動した場合はM7.3程度の地震が発生する可能性があります。

 


山崎断層帯主部は、岡山県美作市から兵庫県三木市に至る断層帯です。

 

過去の活動は868年の播磨国地震であったと考えられており、平均活動間隔は約2000年前後である可能性があります。

 

本断層帯で今後30年以内に発生する確率は1%で、発生した場合の規模はM7.7程度であると推定されています。

 


草谷断層は、兵庫県三木市から兵庫県加古川市にかけて分布する断層です。

 

4世紀~12世紀頃に活動した可能性があり、その平均活動間隔は6500年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM6.7程度の地震が発生する可能性があります。



大阪湾断層帯

神戸市沿岸から大阪湾を縦断して大阪湾南部に至る断層帯です。

 

ここでは9世紀以後に活動があった可能性があり、平均活動間隔は3000年~7000年程度だと考えられています。

 

発生確率は0.004%以下であり、万が一活動した場合はM7.5程度の地震が発生する可能性があります。


スポンサーリンク
 
にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ