南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


和歌山県に被害を及ぼす地震活動

f:id:tsukasa-fp:20190207035752j:plain

 

 

 

和歌山県の過去の被害地震

和歌山県では、南海トラフ地震の震源域が内陸の一部まで達するため、特に強い揺れとなります。

 

また、大津波が襲ってくることも想定されているため南海トラフ地震では特に被害を受ける地域の1つとされています。

 

過去に和歌山県に被害が生じた地震は、1906年と1924年の日高川流域の地震や1938年の田辺湾沖の地震(M6.8)、1948年の田辺市付近の地震(M6.7)などがあります。

 

1899年に発生したのM7.0の紀伊大和地震、1952年に発生したM6.7の吉野地震などでも被害を受けたことがあります。

 

また、和歌山市付近は地震活動が活発で、日本で最も有感地震回数の多い地域の一つとされています。

 


和歌山県の主な活断層

中央構造線断層帯

中央構造線断層帯は、奈良県香芝市から五條市、和歌山県和歌山市、淡路島の兵庫県南あわじ市の南方海域を経て、徳島県鳴門市から愛媛県伊予市まで四国北部をほぼ東西に横断し、伊予灘に達しています。

 

断層はさらに西に延び、別府湾を経て大分県由布市に至る全長約444kmの長大な断層です。

 

全体を10の区間に分けられ、その内和歌山県に被害を及ぼす可能性のある区間は、金剛山地東縁区間、五条谷区間、根来区間、紀淡海峡、鳴門海峡区間の4つの区間が考えられます。

 

 

金剛山地東縁区間

金剛山地東縁の奈良県香芝市から五條市付近までの区間で1世紀以後、3世紀以前に活動があったと推定されていて、活動間隔は約6000年以上である可能性があります。

 

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%となっていますが万が一、この区間が活動すると、M6.8程度の地震が発生すると推定されています。

 

五条谷区間

和泉山脈南縁のうち、奈良県五條市から和歌山県紀の川市付近までの区間です。

 

約2千2百年前以後、7世紀以前に活動があったと推定され、その活動間隔は不明です。

 

この区間が活動した場合、M7.3程度の地震が発生すると推定されています。

 

根来区間

和泉山脈南縁のうち、和歌山県紀の川市から和歌山市付近に至る区間です。

 

7世紀以後、8世紀以前に活動あったと推定され、その平均的な活動間隔は約2500年~2900年であった可能性があります。

 

この区間が活動するとM7.2程度の地震が発生すると推定され、発生確率は0.3%とされています。

 

紀淡海峡、鳴門海峡区間

和歌山市付近ないしその西側の紀淡海峡から鳴門海峡に至る区間で、約2600年~3100年の間に一度活動があったと推定されています。

 

平均的な活動間隔は、約4000年以上であった可能性があります。

 

この区間が活動するとM7.5程度の地震が発生すると推定され、発生確率は1%とされています。