南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.2更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、愛知、愛媛
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

広島県の活断層と被害地震


スポンサーリンク
 

 

 

広島県で過去に発生した被害地震

広島県北部では1919年、1930年、2011年にマグニチュード6前後の地震が発生し、小規模被害が生じています。

 

また、周辺の地震によって広島県内でも被害が生じたことがあります。

(1872年に発生したM7.1の浜田地震など)

 

安芸灘周辺では、芸予地震が約50年に1回程度の頻度で繰り返し発生しています。

1649年にM7.0、1686年にM7.2、1857年にM7.3、1905年にM7.1、1949年にはM6.2の地震が発生しています。

 

最近では、平成2001年にM6.7の地震が発生し、県内の広い範囲で斜面崩壊などの被害が生じました。

 


南海トラフ巨大地震では、広島県でも強い揺れによる被害を受けています。

1946年の南海地震では、住家等に被害が生じました。

 

また、宝永地震の際には津波が瀬戸内海にも及び、沿岸部に被害が及びました。

 

 

広島県の主要な活断層

長者ヶ原、芳井断層

岡山県井原市芳井町から広島県福山市本郷町まで延びる活断層です。

 

過去の地震活動などは不明で、万が一発生する場合はM7.3程度になると推定されています。

 

岩国、五日市断層帯

広島県南西部から山口県南東部まで延びる活断層帯です。

 

本断層帯は、広島市安佐南区から同市西区その沖合までの己斐断層区間と、広島市安佐北区から同市佐伯区を経て広島県廿日市市に至るまでの五日市断層区間、広島県大竹市から山口周南市までの岩国断層区間の3つの区間にわけられます。

 

それぞれの区間での発生確率や規模は以下の通りです。

◎己斐断層区間

過去の活動ー約23000年前以前

地震の規模ーM7.1

発生確率 ー不明

◎五日市断層区間

過去の活動ー7世紀~12世紀

地震の規模ーM7.2

発生確率 ー不明

◎岩国断層区間

過去の活動ー約1万年前

地震の規模ーM7.6

発生確率 ー2%

 

岩国断層区間においては、周期が約9000年~18000年とされており、100%経過している可能性もあります。

 

またそれ以外の区間での活動は不明であり、3つの区間を1つに考えると発生確率は更に上がると考えられます。

 


スポンサーリンク
 

 

安芸灘断層帯・広島湾、岩国沖断層帯

広島県広島市、廿日市市沖の広島湾から、江田島市、大竹市、山口県玖珂郡和木町、岩国市、柳井市が面する安芸灘西部に分布する断層帯です。

 

安芸灘断層帯は、約3600年前~5600年前に活動したと推定される。

広島湾、岩国沖断層帯は不明。

 

本断層帯が活動するとM7.0~M7.5の地震が発生すると推定されています。

 

発生確率は安芸灘断層帯のみで2.4%となっており、発生確率の高い活断層となります。

 

また、本断層帯の周辺には、多数の短い断層が分布していて、これらの断層は互いに近接していることもあり、それぞれの断層帯の活動を詳しく調査していく必要があります。
広島湾、岩国沖断層帯の北端付近には岩国、五日市断層帯が近接していて 両断層帯の活動が関連する可能性も考えなければなりません。

 

 

筒賀断層

広島県山県郡北広島町から安芸太田町、廿日市市にかけて分布する活断層です。

 

過去の活動や発生確率などは現在不明ですが、想定される地震の規模が大きく、M7.8またはそれ以上になる可能性もあると推定されており、廿日市市、安芸太田町、北広島町などで重大な被害が予測されます。

 

 

黒瀬断層

活動した場合には、M6.0以上の地震が発生する可能性があり、東広島市南部に被害を与えるとされる活断層。

 

なお、過去の地震活動や発生確率などは不明です。


スポンサーリンク
 
にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ