南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


徳島県に被害を及ぼす可能性のある地震活動

f:id:tsukasa-fp:20190207034858j:plain

 

 

四国4県に言えることですが徳島県でも、南海トラフ沿いで発生する巨大地震を除くと、被害地震というのは多くありません。

 

1789年に発生した徳島県南部地震では、マグニチュード7.0で県南部の沿岸地方で家屋などへの被害や山崩れが生じたと記録があります。

1955年に発生した徳島県南部での地震では、崖崩れにより死者がでています。

 

また、兵庫県など近畿地方で発生する地震により被害を受ける場合があります。

最近発生した、大阪府北部地震では徳島県でも負傷者の被害が報告されています。

 

 

徳島県の主要な活断層

 

中央構造線断層帯(讃岐山脈南縁)

徳島県の中央構造線断層帯系

  • 鳴門断層
  • 鳴門南断層
  • 板野断層
  • 神田断層
  • 父尾断層
  • 三野断層
  • 池田断層

などからなり、その他にも引野断層、切幡南断層、土柱断層、箸蔵断層、佐野断層などがあります。

 

これらのうち、掘削調査の結果、神田断層ではこれまでに少なくとも2~3回は活動があったことがわかっています。

 

明確な資料はありませんが、この掘削調査により、1596年に発生した慶長伏見地震の際にこの神田断層と父尾断層が活動した可能性が高いと考えられています。

 

 

 

発生した場合の地震の規模は?

当断層帯が活動した場合の地震の規模を変位量、断層の長さから計算すると、鳴門南断層から池田断層までの区間が全体で活動する場合、マグニチュード8.0近くになると推定されていますが、徳島県では全体が同時に活動する可能性は低いため各区間が個別に活動するものと考えられています。

 

各区間が個別に活動した場合においても、マグニチュード7.0は超えるとされ、池田断層や鳴門断層では断層の長さから、M7.5以上になる可能性もあります。

 

発生確率

徳島県の中央構造線断層帯系では、現在まだ平均活動間隔の約50%しか経過していないため、なんらかの影響がない限りは直ちに活動することは考えにくいとされています。

 

当断層帯が活動する前に南海トラフ地震が発生することは、ほぼ間違いないだろうとされており、徳島県の地震防災の観点からは南海トラフ地震対策が一番優先すべき課題だと言えます。