南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

香川県に影響を及ぼす可能性のある被害地震


スポンサーリンク

香川県は主に南海トラフ沿いで発生する地震による被害が大きい地域のひとつです。

 

 

香川県周辺の主な被害地震


南海トラフ沿いで発生する大地震

 

南海トラフ地震では、四国沖から紀伊半島沖が震源域になった場合に特に被害を受けると考えられます。

 

1707年の宝永地震や1854年に発生した安政南海地震、また1946年に発生した昭和南海地震などで多数の死者や家屋全壊、浸水などの被害が生じました。

 

その他の地震活動

 

香川県の内陸部で発生した被害地震はほとんど記録に残されていません。

 

しかし、兵庫県や愛媛県など周辺で発生する地震による被害を受けることがあります。

 


スポンサーリンク
 

 

香川県の主要な活断層

香川県の主な活断層には讃岐山脈に沿って東西に延びる長尾断層帯上法軍寺断層、また、徳島県との県境付近には中央構造線断層帯があります。


長尾断層帯

香川県さぬき市から高松市南部を経て綾歌郡綾川町に至る断層帯です。


本断層の活動間隔は約3万年程度の可能性があると考えられ、全体が活動した場合の地震の規模はマグニチュード 7.3程度になると推定されています。

また長尾断層帯は平均活動間隔が比較的長い可能性がありますが、その信憑性はあまり高くありません。

 

 

本断層帯南側の讃岐山脈南縁には中央構造線断層帯が分布していて両断層帯が地下で近接していると推定されるため、両断層帯の活動が互いに影響を与える可能性が高いと考えられるため、両断層帯の地下の断層面の形状等を明らかにする必要があります。

(長尾断層帯は南に傾斜していると推定され、また、中央構造線断層帯は北に傾斜していると推定されることから、地下では両者の断層面が近接している可能性が高いと考えられている)

 

長尾断層帯での地震発生確率は今後30以内、50 年以内、100年以内、300年以内と長期的な評価がされており、すべてにおいて「ほぼ0%」とされていますが、平均活動間隔の信用性があまり高くないため、こちらの評価に関してもあまり信用性は高くないと判断されます。

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ