南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

福岡県の過去の地震活動と次に発生する確率


スポンサーリンク


スポンサーリンク
 

 

 

過去に福岡県に被害を及ぼした地震

糸島地震

過去に福岡県北部で発生した被害地震は、

1898年に発生したM6.0の糸島地震があります。

更に1日後にはM5.8の地震が発生し、被害は主にこちらの地震で生じました。

幸い死者はでなかったものの、負傷者、家屋の破損、道路や堤防の破損が多数発生しました。

 

さらに、1929年には博多湾付近でM5.1の地震が発生し、わずか一年後に糸島郡の雷山付近でM5.0の地震が発生しました。

 

 

福岡県西方沖地震

福岡県では最近にも大規模な地震が発生しています。

 

2005年にマグニチュード7.0の福岡県西方沖地震が発生しました。

 

 

筑紫国地震、柳川地震

福岡県南部では、679年の筑紫国地震(M7.0)1848年の柳川地震(M5.9)などが発生しています。

 

筑紫国地震では、歴史の資料に長さ10kmほどの地割れが現れたと記されていますので、相当大規模な被害地震となった可能性が高いです。

 

 

周辺の地域で発生する地震による被害

福岡県ではこれまで伊予西部地震(M7.4)、熊本地震、日向灘や南海トラフなど周辺の地域で発生した地震によっても被害を受けてきました。

 

過去に発生した南海トラフ沿いの巨大地震では、毎回福岡県でも家屋への被害が記録されています。

また、M8.6を記録した宝永地震では、死者があったとも記録されています。

 


スポンサーリンク
 

福岡県で地震が発生する可能性のある活断層

宇美断層

福岡県糟屋郡須恵町付近から福岡県筑紫野市吉木付近まで延びる断層です。

 

ここでの最新活動時期は約4000年以上前である可能性がありますが、平均活動間隔は約2万~3万年と推定されるため、今後30年以内に発生する確率は計算上は、ほぼ0%となっています。

 

万が一この断層全体が活動した場合、マグニチュード7.0前後の地震が発生する可能性があるとされています。

 

日向峠、小笠木峠断層帯

福岡県糸島市大門から佐賀県鳥栖市神辺町にかけて分布する断層です。

 

最新活動時期、平均活動間隔は不明で、
断層全体が活動した場合、マグニチュード7.2程度の地震が発生する可能性があるとされています。

 

福智山断層帯

福岡県北九州市若松区頓田付近から、八幡西区、直方市、田川郡福智町を経て、田川市夏吉付近にかけて分布する断層です。

 

最新活動時期は約1万年以上前であったと推定されます。

それに対して活動周期が早くて約9400年前後であった可能性があり、いつ発生してもおかしくないため、注意が必要な活断層帯です。

 

断層帯の全体が1つの区間として活動した場合、マグニチュード7.2程度かそれ以上の地震が発生する可能性があります。


活動周期は早くて約9400年前後と、危険な状態ですが、最長で3万年以上である可能性もあることから、今後30年以内に発生する確率は3%となっています。

 

 

小倉東断層

福岡県北九州市小倉北区から北九州市小倉南区にかけて分布する断層です。

 

最新活動時期は約2400年~4600年前程度であったと推定されますが、平均活動間隔は不明です。

 

この断層全体が活動した場合、マグニチュード7.1程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

警固断層帯

玄界灘から博多湾を経て、福岡平野にかけて分布する活断層帯です。

 

最新の活動時期は2005年に起きた福岡県西方沖地震が本断層帯が活動したものであると考えられます。


警固断層帯の南東部分の最新活動時期は、約3400年~4300年前4千3であった可能性があり、平均活動間隔は、約3000~5500年の可能性があるため今後、警固断層帯で再度地震が発生する可能性は高いと考えられます。

警固断層帯は、2005年に活動した北西部3000年以上前に活動した南東部の2つの区間に分かれて活動すると推定されます。

 

推定される地震の規模は北西部ではマグニチュード7.0程度、南東部ではそれ以上の地震が発生すると推定されます。

 

北西部の活動が2005年と比較的最近であることから、北西部が近い将来また活動する可能性は極めて低くなっていますが、その活動による影響で、次に南東部で大地震が発生する可能性がより高くなっていると考えられています。

 

北西部の影響を考慮していなくても、今後30年以内に発生する確率は6%と日本の活断層のなかではかなり高く危険な断層だと言えます。

 

 

水縄断層帯

福岡県うきは市から久留米市に至る断層帯です。

 

最新の活動は、679年の筑紫地震であった可能性があります。

 

本断層帯の平均的な活動間隔は14000年程度の可能性があり、今後30年以内に発生する確率はほぼ0%としています。
万が一発生した場合は、マグニチュード7.2程度の地震が発生すると推定されます。

 


スポンサーリンク
 

 

西山断層帯

福岡県宗像市沖ノ島の南方の玄界灘から、福津市津屋崎を経て朝倉郡東峰村及び朝倉市に至る断層帯で、3つの区間に分けられています。


大島沖区間の最新活動時期は約2万年前以後であった可能性がありますが、平均活動間隔は不明です。

 

全体が1つの区間として活動した場合、M7.5程度の地震が発生する可能性があります。

 


西山区間の最新活動時期は約2000年~13000年前であったと推定されますが、こちらの平均活動間隔も不明です。

 

全体が1つの区間として活動した場合、M7.6程度の地震が発生すると推定されます。

 

 

嘉麻峠区間については、過去の活動はわかっておりません。

万が一活動した場合は、M7.3程度の地震が発生する可能性があります。

 

更に、これら3つの区間全てが同時に活動した場合にはマグニチュード8クラスの巨大規模となると考えられます。

 

なお、本断層での発生確率は不明となっています。

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ