南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

宮崎県で発生する地震 日向灘でM7~8クラスの津波地震


スポンサーリンク

宮崎県に被害を及ぼす巨大地震は、日向灘、琉球海溝、南海トラフなどがあります。


スポンサーリンク
 

 

 

日向灘で発生する大地震(M7~8)

宮崎県の東方沖、日向灘では、十数年~数十年と比較的短い間隔でM7以上の地震が発生していて、その多くは津波を発生させています。

 

日向灘では今後30年以内に70~80%の確率で発生するとされています。

 

1662年ーM7.6

1931年ーM7.1

1941年ーM7.2

1961年ーM7.0

1968年ーM7.5

1984年ーM7.1

 

 

安芸灘~伊予灘~豊後水道

日向灘の上(北)にある区間で、M7前後の地震が今後30年以内に40%の確率で発生すると予測されています。

 

1649年ーM7.0

1686年ーM7.2

1854年ーM7.4

1857年ーM7.3

1905年ーM7.2

2001年ーM6.7

 

 

南西諸島周辺の地震

この領域では、過去にM7クラスの地震を発生させたおり、その際に津波も発生しています。

 

ちょうど南西諸島周辺、琉球海溝などは、その特異な地震発生のメカニズムがまだ解明していないことから、詳しい地震の発生場所の特定や、活動周期、発生確率などを評価することはできません。

 

1901年ーM7.5

1909年ーM7.6

1911年ーM8.0

1938年ーM7.7

 


スポンサーリンク
 

 

過去に宮崎県に被害を及ぼした地震

1662年ー日向・大隅(M7.6)

1707年ー宝永地震(M8.6)

1769年ー日向・豊後・肥後(M7.3)

1854年ー安政南海地震(M8.4)

1909年ー宮崎県西部(M7.6)

1931年ー日向灘(7.1)

1968年ーえびの地震(M6.1)

2016年ー熊本地震(M7.3)

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ