南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、地殻変動、マグマ、火山活動や静穏化現象などの様々な異常を総合判断し、警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。


沖縄地方の地震活動 琉球海溝でM9クラスの巨大地震

f:id:tsukasa-fp:20190207032446j:plain


沖縄地方で過去に発生した地震、そして将来発生する可能性のある大地震をまとめてみました。

 

是非、防災に役立てて頂ければ嬉しいです。

 

 

 

琉球海溝で発生する巨大地震

琉球海溝とは、南西諸島の東方に分布しているフィリピン海プレート西縁に位置する海溝のことです。


f:id:tsukasa-fp:20180820225527j:image

いつ起きても不思議ではなく、地震や津波の規模では南海トラフ地震を超える可能性もあるとされています。

 

南海トラフとフィリピン海プレートで繋がっており、いずれもマグニチュード9クラスの巨大地震が発生することから、お互いに影響を与え合う可能性が高いと考えられます。

 

 

繰り返し巨大津波が発生している

琉球海溝の南西部にある先島諸島では巨大津波によって大きな被害を受けています。

1771年に発生した地震では、マグニチュード7クラスであったが、石垣島から宮古島付近まで20メートル以上の津波が襲い、1万人以上の犠牲者が出ました。

 

M7クラスという規模で、なぜそれほどの巨大津波が発生したのかは分かっていない。

 

しかし、津波石と呼ばれる津波が発生した痕跡を調査した結果、150年~400年の間隔で繰り返し津波が発生していることが分かりました。

 

 琉球海溝での地震活動はかなり特異なため、巨大地震や津波が発生するメカニズムは現在専門家が解明するために研究を行っています。

 

 

 

宮古島断層帯での地震(M7.2以上)

宮古島断層帯は、南西諸島西部の宮古島、池間島、来間島、伊良部島に分布する複数の並走する断層からなります。

 

1667年の歴史地震が発生したときに断層沿いで地殻変動を生じた記録がありますが、明確な地形や地質的な痕跡がなく、前回の活動時期や活動周期などは分かっていません。

 

宮古島断層帯で地震が発生した場合

宮古島断層帯で万が一地震が発生した場合、最大でマグニチュード7.2もしくはそれ以上の規模で地震が発生する可能性があると想定されています。