南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

南海トラフ巨大地震は政府の想定する最悪のケースになる可能性が高い!?


スポンサーリンク


スポンサーリンク
 

 

 

「南海トラフ地震」想定震源域のひずみ状態

南海トラフ想定震源域海底の地殻変動の実測データにより、プレート境界の歪みがどれだけ蓄積しているのかを推定したところ、海底地殻変動観測データにおいて海底の動きが大きいことから、南海トラフ全域の歪みが強いと考えられ、さらに四国沖、三重や静岡の沖合で強い歪みが西に延びていることがわかりました。

 

これらの歪みの位置などから個人的に想定した南海トラフ巨大地震の想定震源域を前回の南海地震・東南海地震・東海地震と比較するとざっくり見ても2倍以上に震源域が広がっています。

あくまで一人の研究者による個人的な評価にはなりますが、政府の想定する「最悪のケース」というものが現実的なものになる可能性は高いと考えています。

 

 

 

「歪み」や「震源域」について、調べればいくらでも出てくるものですが、念のため理解が難しい方のためにわかりやすく意味を説明しておきます。

歪みとは

ひずみは、岩盤などが変形する際の変形の度合いのことです。

たとえばお菓子で例えてみましょう。

板チョコを両手で持ち、徐々に力を加えて曲げていくと、ある一定の力に達したところで割れてしまいます。

 

これは力が限界に達したことにより耐え切れずに板チョコが割れたということになります。

地震に置き換えると「歪みが限界に達したことにより耐え切れずに岩石破壊が発生した」ということになります。

 

この時、あなたが板チョコに加えている力のことを「歪み」と言います。

 

また、チョコの種類や環境などによっても割れやすいものや割れ方の違うものがあります。

それと同じで岩石も種類によってはすぐに壊れてしまうものもありますし、数百キロも地下にある岩石はかなりの高温状態であるため曲げても形が変形するだけでなかなか壊れることはありません。

 

板チョコの場合でも溶ける溶けないは別にして、高温状態で曲げてもおそらく形が変形してなかなか割れないと思いますが冷蔵庫で冷やした状態で曲げるときれいに「パキッ」と割れます。

震源が極端に深いところで発生する深発地震が起こりにくいのはこれが理由だとも言われています。

 


スポンサーリンク
 

 

震源域とは

地下で岩石破壊が始まるところが「震源」で、この岩石が破壊される範囲のことを「震源域」と言います。

震源域は地震の規模が大きくなるほど広くなります。

 

これは窓ガラスに例えてみましょう。

例えば窓ガラスに向けて石を投げたら、おそらく石が当たった場所は割れて穴があき、その周りには無数のヒビが入ると思います。

 

直接石が当たって割れている場所が震源で、周りに広がったヒビが震源域となります。

 

小石程度であればヒビは少ししか入らないですが、たとえば車がガラスに突っ込んだとしたらヒビどころか直接当たっていない場所であっても割れて飛んで行ってしまうかもしれません。

これが地震の規模が大きくなるに従って震源域も広くなるということです。

 

 

 

南海トラフ研究は着実に一歩ずつ前進している

ある南海トラフに関する研究資料では新たに進展(下記)が見られたようで、これらのデータもお借りし、将来発生する巨大地震の調査に役立て、減災に繋げていきたいです。

 

「1940年代に発生したマグニチュード8クラスの地震の震源域周辺、想定東海地震震源域周辺に歪みの強い領域が延びている。」

 

「以前から予測されていた、沈み込む海山や、近年発見された通常の地震よりもゆっくりと破壊が進む地震現象の活動域と歪みの弱い領域が合致することが、初めて実際に確認された。」

 


スポンサーリンク
 

 

南海トラフ地震発生の可能性

強い歪みがたまっていて、震源域が広がっている可能性については述べましたが、

少なくとも今回(2018年7月)の調査では今後直ちに発生するであろうデータはみられず、通常時と比較して発生の可能性が高まっているというデータも特に見られませんでした。

 

しばらくは安心ということではありませんので、万が一に備えて災害グッズなどを準備したり、避難場所や経路の確認など今できることはしっかりやっておきましょう。

 

地震の備えや、避難場所や経路の確認、家族での避難や連絡手段などの話し合い等、

かかる費用はそんなに贅沢をしなければ1万円あれば十分揃えられますし、時間は一日あれば十分です。

このたったの1日の時間と1万のお金であなたとあなたの家族の命が助かる確率が何倍にも上がります。

 

「めんどくさい」、「まだ大丈夫」、「また今度」などといって後回しにせずできるだけ早く、できれば今すぐにでも備えをしておくようにしましょう。

 

どこかで災害が起きてから「やっぱり備えはしておかないと」では遅いです。

そのどこかで起きた災害にもし自分が巻き込まれていたらと考えてみてください、何も備えがない、孤立してしまったどうしよう、避難場所はどこでどうやっていけばいいのか、家族と連絡をとりたいけど電話が繋がらない。

また最悪の場合、いざ災害が起きて逃げなければいけないときに判断が遅れたり、間違った判断をしてしまい大変な事態になる場合もあります。

 

日ごろから意識している人と、していない人では助かる確率も全然違うということを頭に入れておきましょう。

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ