南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

南海トラフ地震が発生する可能性が高まっています。今後の情報に注意(調査報告)


スポンサーリンク


スポンサーリンク
 

先月の大阪府北部地震以降、専門家の間では「南海トラフ地震が発生する可能性が高くなっている」というような話が頻繁にされています。

 

その話の信ぴょう性はどうなのか、南海トラフ地震を中心に研究をしている立場からすると非常に気になるものであったため、直接話を聞き、資料を頂き、調査をしました。

 

《目次》

 

 

大規模な地殻変動

まず相模、駿河、南海トラフ周辺で通常とまったく異なる方向へ大きな地殻変動が観測されているということ。

これは数日前にネット上で情報が公開されていましたが、本当にそれが観測されていたという証拠の資料が私のもとに届きました。

 

 

1枚目の資料によると、フィリピン海プレートが沈降する地点でもある伊豆半島において、大きな地殻変動が数週間にわたって発生していた。

これは過去20年間の歴史を見ても、観測された事例がないほど大規模なものだそうです。

 

2枚目には紀伊半島などで南海トラフ方向へ向かう変動が観測されています。

さらに東日本大震災と同じように反転減少が多く観測された場合、今月~来月中には南海トラフ地震が発生する可能性がかなり高くなると書かれています。

簡単に説明すると東日本大震災が発生する前に記録したデータと同じパターンでの変動があった場合、南海トラフ地震が発生するかもしれないということです。

 

これらのデータをみると確かに東海と南海での地震発生確率が高まっていると判断できそうです。

 


スポンサーリンク
 

 

動物の異常行動

地震前に見られる動物の異常行動などは、地震発生前に地殻に応力が加わり発生する物理、化学現象ををストレス刺激として感知するために生ずると考えられています。

 

この動物の異常行動についての報告データが大阪府北部地震以降に急増しているということであった。

 

鳥類の集団移動や、熊、猪、鹿などが多く見られたり、ペットの様子がおかしかったり、様々な内容で問い合わせがきているそうです。

 

あくまで一般の方からの報告でしかないため、これらの情報すべてに信憑性があるわけではないですが、ニュースでは東京湾でクジラが発見されたり、アジが激減したりといった情報が報道されていますので、動物の異常という点では確実に発生しているということがわかります。

 

 

クジラについても、アジについても、一部の専門家で地震活動との関連性を考えている人がいます。

海溝型の地震による影響で、北海道地方、関東地方、南海トラフ、また東北地方についても津波を伴う大きな地震が発生する可能性が高まっていると説明しています。

 

これについては堂々と説明できるような根拠はなく、ほかにも様々な原因が考えられるため深く考えなくてもいいかもしれません。

 

 

関東地方の過去4週間の変動データ

関東地方での地殻変動を記録したデータを見てみると、この4週間の間に4センチ以上の変動が見られます。

 

この周辺では、通常でしたら1年間に平均3センチほどしか動かないのですが

わずか一か月で4センチも変動していることから「異常」と言わざるを得ないということがわかります。

 

 

関東地方、特に千葉県での地震が多発していて、この異常ともいえるデータを記録した後に千葉県東方沖でマグニチュード6.0の比較的大きな地震が発生していることから、この地震と変動の関連性は非常に高いと思われます。

 

相模トラフ方向への変動が目立っているため、

相模トラフ巨大地震が発生した場合、南海トラフ地震が連動する可能性もあります。

(相模トラフ沿いの固着が外れたことが南海トラフ断層面へのフィリピン海プレートの最後の一押しとなり、タイミング次第では連鎖的に発生する可能性があるとかんがえられています。)

 


スポンサーリンク
 

 

 

 その他の地域の警戒情報

それぞれ今回頂いた資料や個人的に観測を行っているデータ、また一般のかたからの報告や過去の地震活動などを参考に、今後発生する恐れがある地域について簡単にまとめます。

 

北海道地方

今後2週間以内に北海道南部から青森県北部にかけてマグニチュード5~6程度の津波を伴う地震が発生する恐れがあります。

 

 

東北地方

今後2週間以内に宮城、福島などでマグニチュード5~6程度の地震が発生する恐れがあります。

 

 

関東地方

今後2週間以内に千葉県沖でマグニチュード6.0~7.5程度の津波を伴う地震が発生する恐れがあります。

また、箱根ではマグニチュード4~5程度の地震が発生する恐れもありますが、内陸型の地震である可能性が高いので規模は小さくても大きく揺れる場合があります。

 

 

近畿地方

少なくとも今後2週間以内に大きな地震が発生する可能性は低くなっているため、大阪府北部地震以降、注意をしていた地震についても一旦警戒は解除します。

 

 

九州地方

最大でマグニチュード5~6程度の地震が発生する可能性がありますが、現在のところ確率としてはあまり高くはないと判断しています。

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ