南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

南海トラフ地震はいつくるのか?今、特に警戒すべき地域は?


スポンサーリンク


スポンサーリンク
 

「南海トラフ地震はいつくると思いますか?」

「次はどこが危ないと思いますか?」

 

特にお問い合わせの多かったこの二つの質問について、まとめて記事にして皆様と共有したいと思います。

 

《 目次 》

 

 

南海トラフ地震はいつくるのか?

現代ではまだ地震を予測することは不可能だというのは誰もが知っていることです。

だからこそ誰もが知りたいことで、それを可能にするために私含め、専門家や研究者たちが日々調査をしています。

 

ただ、これでは質問の答えになっていませんので、様々なデータからできる限りの予測をしてみたいと思います。

 

 

観測データから南海トラフ地震を予測

まず電磁波や地殻変動などの観測データから南海トラフ地震の発生時期を予測できるのか?

 

私が地震調査で扱う観測データというのは、

これだけのデータがでているということは、あと〇年後ぐらいには発生するかもしれない。

と言うように長期的な予測をすることはできません。

 

あくまで数日~数ヵ月程度の短期間での反応を捉えるもので、それによって予測ができるかどうかというのも実際に発生直前にならないとわからないというのが現状です。

 

また「ちきゅう」のようにプレート内部に観測器を埋め込むことはもちろん私にはできませんので、沿岸部等の観測器から南海トラフを疑われるデータをできる限り素早く、正確に察知しなければいけません。

併せて海溝型特有の潮位の異常や変動などの情報により、予測の精度を少しでも上げる努力をしています。

 

また、南海トラフ地震については発生直前に政府が予測できる可能性があります。

その場合になるべく混乱を起こさないように政府や気象庁の方がどのように警鐘を鳴らすのかは定かではありませんが。

 

 

過去の歴史から発生時期を予測

前回の南海トラフ地震は1946年に発生しています。

そして、地震というのはそこで発生する地震単体のものだとは決して捉えないというのが多くの専門家の考え方です。

 

もし、その考え方が正しければ前回の南海トラフ地震のときにも前兆はあるはずです。

 

その前兆とは何かを考えるときに現在考えられる最も信憑性のあるものが「海溝型の巨大地震が発生する前に内陸部での地震活動が活発になる」というもの。

 


スポンサーリンク
 
 
東日本大震災の発生前に内陸部での地震はあったのか?

一番最近起こった海溝型の巨大地震では東日本大震災があります。

上記の信憑性を確かめるために、この東日本大震災の前にも内陸部では地震が発生していたのかを調べてみました。

 

 すべての地震を調べるのは大変ですので、2008年3月11日から2011年3月11日までのちょうど3年間のあいだに発生した「震度5弱以上を観測した地震」に絞り、念のため内陸部以外のすべての地震を調べます。

 

2008/05/08 茨城県沖M7.0(5弱)

2008/06/14 岩手県内陸南部M7.2(6強)

2008/06/14 宮城県北部M5.7(5弱)

2008/07/05 茨城県沖M5.2(5弱)

2008/07/08 沖縄本島近海M6.1(5弱)

2008/07/24 岩手県沿岸北部M6.8(6弱)

2008/09/11 十勝沖M7.1(5弱)

2009/08/11 駿河湾M6.5(6弱)

2009/08/13 八丈島東方沖M6.6(5弱)

2009/12/17 静岡県伊豆地方M5.0(5弱)

2009/12/18 静岡県伊豆地方M5.1(5弱)

2010/02/27 沖縄本島近海M7.2(5弱)

2010/03/14 福島県沖M6.7(5弱)

2010/06/13 福島県沖M6.2(5弱)

2010/07/23 千葉県北東部M5.0(5弱)

2010/10/03 新潟県上越地方M4.7(5弱)

2011/03/09 三陸沖M7.3(5弱)

2011/03/11 東日本大震災

 

緑色のものが内陸部で発生した地震です。

(駿河湾や新潟県上中越沖などは震源地がほとんど内陸部付近にあるため、緑色で示しています)

 

発生した数は17回、そのうち内陸地震が8回

 

では、これが多いのか少ないのかを同じ過去のデータと比較して考えてみます。

まず2008年3月11日以前の3年間で発生した震度5弱以上の地震は22回で内14回が内陸で発生しています。

ただこのときは新潟県中越地震の影響や、余震がまだ続いているころでしたので、もう一つ別の期間で比較してみます。

 

大地震の余震などの影響が少ない期間を考えると東日本大震災からちょうど一年たった2012年くらいでしょうか。

そのころから3年間のデータを調べてみると計33件の地震が発生しています。

まだ多少余震の影響が残っていると考えて、このうち福島県沖、岩手県沖、三陸沖、宮城県沖などの地震を除くと25件になります。

 

3年間という期間でみてみると、それほど数字的には関係のないように感じます。

ただ3年間が収束の期間であり、それ以前に活動が活発になるというのであればこの数字は納得ができます。

 

ちなみに現在から3年間遡ってみると、ちょうど大阪府北部地震で51件目でこのうち20件以上は熊本地震の余震になりますので、余震を除くと約30件ほど。

 

 

こうして3年間というスパンで比較してみると、たいして多く発生していたということはなく、反対に発生が近づくにつれて地震活動が少なくなってきていることがわかりました。

ただ東日本大震災の場合のみに限ったことで、ただの偶然ということもありますので、他の海溝型地震についても調査をする必要があります。

また、今回は3年間という期間を例に調査しましたが5年ならどうなのか、10年だとどうなるのか、1年だとまた変わってくるのかなど様々なパターンで細かく分析していきたいと思っています。

 

 

東日本大震災発生直前の地震活動

東日本大震災が発生する直前までに、地震活動のパターンなどからその兆候を捉えることができていたのであれば、南海トラフ地震の発生する合図としてなにか参考になるものがあるかもしれません。

 

以下の発生前の地震のデータを見てみると、明らかにその兆候は捉えることができていたということがすぐにわかります。

 

2011/03/09 三陸沖M7.3(5弱)

2011/03/09 三陸沖M4.8(1)

2011/03/09 三陸沖M6.2(2)

2011/03/09 三陸沖M6.0(3)

2011/03/09 三陸沖M5.0(1)

2011/03/09 三陸沖M5.0(1)

2011/03/09 三陸沖M5.8(2)

2011/03/09 三陸沖M5.1(1)

2011/03/09 熊本県熊本地方M2.8(2)

2011/03/09 熊本県熊本地方M3.2(2)

2011/03/09 熊本県熊本地方M2.6(2)

2011/03/09 三陸沖M5.6(2)

2011/03/09 三陸沖M4.5(1)

2011/03/09 三陸沖M5.1(2)

2011/03/09 三陸沖M4.7(1)

2011/03/09 三陸沖M6.1(3)

2011/03/09 三陸沖M5.3(2)

2011/03/09 三陸沖M5.0(1)

2011/03/09 三陸沖M4.6(1)

2011/03/09 三陸沖M4.7(1)

2011/03/09 三陸沖M5.1(1)

2011/03/09 三陸沖M4.9(1)

2011/03/09 三陸沖M5.1(1)

2011/03/09 三陸沖M5.2(2)

2011/03/09 三陸沖M4.7(1)

2011/03/09 三陸沖M4.2(1)

2011/03/09 三陸沖M5.3(2)

2011/03/09 三陸沖M4.8(1)

2011/03/09 三陸沖M4.7(1)

2011/03/10 岐阜県美濃中西部M3.2(1)

2011/03/10 三陸沖M4.4(1)

2011/03/10 三陸沖M6.4(3)

2011/03/10 三陸沖M6.3(3)

2011/03/10 三陸沖M4.9(1)

2011/03/10 紀伊水道M2.5(1)

2011/03/10 三陸沖M6.8(4)

2011/03/10 紀伊水道M3.0(2)

2011/03/10 三陸沖M5.2(2)

2011/03/10 三陸沖M4.9(1)

2011/03/10 渡島地方西部M1.7(1)

2011/03/10 三陸沖M4.7(1)

2011/03/10 三陸沖M4.6(1)

2011/03/10 三陸沖M5.9(2)

2011/03/10 三陸沖M4.8(1)

2011/03/10 三陸沖M5.4(1)

2011/03/10 三陸沖M5.2(2)

2011/03/10 三陸沖M4.3(1)

2011/03/11 三陸沖M5.4(2)

2011/03/11 宮城県北部M3.4

2011/03/11 茨城県南部M3.2

2011/03/11 06:49:43.8三陸沖M4.5(1)

2011/03/11 07:44:21.6三陸沖M4.8(1)

2011/03/11 14:46:18.1三陸沖M9.0(7)本震

 

二日前にマグニチュード7.3(震度5弱)の大きな地震が発生しており、それを機に本震がくるまでの二日間続けて40回以上もの地震が発生していました。

 

このときあまり危機感を感じている人が少なかったのは、40回もの余震があったにも関わらず、そのほとんどが震度1や震度2で体感しづらい地震であったこともあると思います。

しかし肝心なのは地震の規模であり、それは震度ではなくマグニチュードとして気象庁が公表してくれています。

 

 

マグニチュード5.0以上のものを太字にしていますが、ご覧のとおりかなりの割合をしめていることがわかると思います。

一昨日の6月18日に発生した大阪府北部地震がM6.1であったことを考えると、かなり規模の大きな地震が何回も発生していることがわかります。

 

 

これだけ大きな規模の地震が40回以上も発生していて、同じ三陸沖で本震が発生している。

これは立派な兆候であると言えるのではないでしょうか?

もしかしたら南海トラフ地震の発生前にも似たような兆候が見られる可能性は十分にあると思います。

 


スポンサーリンク
 

 

現在、特に警戒すべき地域は?

ここ2週間の間で地殻、電磁波などで著しく異常が見られたのは「南関東周辺」、「北海道」、「九州地方」、「四国地方」です。

観測データのみで見てみると関東地方では千葉県、四国地方では愛媛と徳島が特に注意必要であるといえます。

 

※当サイトでは地殻の高さ変動、水平変動、沈下や隆起などの専門的な説明は記事全体の品質向上のため省いています。

理解のできる方のみDMで情報提供いたします。

(返事に時間がかかる場合がございますのでご了承ください)

 

 

あとは最近の地震活動を見てみると、やはり千葉県での小規模な地震が目立つことを考えると今一番警戒するべきなのはもちろん近畿地方ですが、そのつぎに関東地方の方は注意しておいたほうがいいと思います。

 

警戒すべき地域ということについては、トップページに表示していますので参考程度に確認していただければと思います。

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ