南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


【前兆】地震雲は本当にあるのか!?実験によって明らかになった事実!

youtu.be

 

 

 

 

地震雲とは

 

岩盤破壊によって電磁波が発生する。

電磁波が雲を形成する。

 

このことから地震雲とは岩石破壊によって生じた電磁波が原因で形成される雲のことを言います。

 

 

雲を形成させるのにどの程度の電磁波の強さが必要なのか?

 

形成される雲の形などは一旦置いといて、少なくとも雲を作り出すためにはどれほどの電磁波を地上に放射しなければならないのでしょうか?

 

そして、地震によって雲を形成させられるほどの電磁波が発生することはありえるのでしょうか?

 

 

実際に実験を行うには、膨大な費用がかかってきます。

そこで地下と地上にノイズを観測する機器を設置したところ、周辺で数回小さな地震が観測され、そのうちのすべてにおいて微弱の電磁波ノイズを観測しました。

 

そして、地震が大きくなれば、それに比例してノイズの値も大きくなっていくと推測して、ざっくり算出したものと、通信施設や電波塔、レーダーなどの人工的に発生している電磁波を比較してみました。

 

 

結果、実際に大地震が発生した際に、予想を超える電磁波が地上に放射されるということはありえますが、岩石破壊によって発生し地上に放射された電磁波が人工的な通信施設、特に米軍施設などから発生する強力な電磁波の数値を上回るということは考えにくいという結論になりました。

 

さらにそれらの人工的な発生源の上空で雲は形成されていないことから、

地震によって電磁波が発生するというのは事実ですが、地震によって地上に放射される電磁波程度では雲を形成させることは難しいと考えられます。

 

 

奇妙な形の雲の正体はなんなのか?

 

では地震雲と呼ばれるものが、地震雲でないとすると

なぜあのような奇妙な形の雲ができるのでしょうか?

 

専門家の説明によると、「自然現象であるため100%地震と関連性がないとは言えませんが、そのような不思議な形をした雲の99%は気象学的に説明できるものです。」

 

ということでした。

 

 

 

なぜそれを地震雲と呼び、見ると不安になってしまうのか。

それは人間は初めて見たものや、奇妙なもの、よくわからないものに対して恐怖や不安、または好奇心といった感情を抱くのは心理学的にも自然なことです。

 

そんな人間が見たことのない奇妙な雲を見つけたとき、好奇心で写真をとり、SNSにアップします。

 

そしてその奇妙なよくわからない自然現象をSNSにアップした数日後にたまたま大地震が発生すれば、ネット上では、あの奇妙な雲は今回の大地震と関係があるのではと思い込み、その思い込みがまたSNSで拡散されていきます。

 

 

しかし実際にはそのような奇妙な雲は世界で毎日のように観測されていますが、ほぼ地震は起きていません。

大地震が起きた時に限って、なにかを結び付けようと前日にとった雲の写真などをみて奇妙な現象があれば「これだ!」と言わんばかりにネット上で拡散されるのです。

たとえそれが飛行機雲であっても、大地震後の不安や恐怖にかられた人たちにはそれが「地震雲」に見えてしまうのです。

 

6.18 大阪府北部地震(震度6弱、M6.1)南海トラフへの影響は? - 南海トラフ地震警戒情報

 

南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─