南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

地震雲について


スポンサーリンク


スポンサーリンク
 

地震雲とは

 

岩盤破壊によって電磁波が発生する。

       ↓

   電磁波が雲を形成する。

 

このことから地震雲とは岩石破壊によって生じた電磁波が原因で形成される雲のことを言います。

 

 

雲を形成させるのにどの程度の電磁波の強さが必要なのか?

 

形成される雲の形などは一旦置いといて、少なくとも雲を作り出すためにはどれほどの電磁波を地上に放射しなければならないのでしょうか。

 

そして、地震によって雲を形成させられるほどの電磁波が発生することはありえるのか。

 

 

実際に実験などを行えればいいのですが、今回は費用の面で断念しました。

そこで地下と地上にノイズを観測する機器を設置したところ、周辺で数回小さな地震が観測され、そのうちのすべてにおいて微弱の電磁波ノイズを観測。

 

地震が大きくなれば、それに比例してノイズの値も大きくなっていくと推測して、ざっくり算出したものと、通信施設や電波塔、レーダーなどの人工的に発生している電磁波を比較してみた。

 

 

結果、実際に大地震が発生した際に、予想を超える電磁波が地上に放射されるということはありえますが、岩石破壊によって発生し地上に放射された電磁波が人工的な通信施設、特に米軍施設などから発生する強力な電磁波の数値を上回るということは考えにくいという結論に至った。

 

さらにそれらの人工的な発生源の上空で雲は形成されていないことから、

地震によって電磁波が発生するというのは事実で、電磁波が雲を形成させるというメカニズムも発表されているのは事実ですが、地震によって地上に放射される電磁波程度では雲を形成させることは難しいと思います。

 

 

奇妙な形の雲の正体はなんなのか?

 

では地震雲と呼ばれるものが、地震雲でないとすると

なぜあのような奇妙な形の雲ができるのかを雲を研究している専門家の方に聞いてみた。

 

その方の説明によると、自然現象であるため100%地震と関連性があるとは言えませんが、そのような不思議な形をした雲は99%は気象学的に説明できるものです。

 

ということでした。

 


スポンサーリンク
 

 

なぜそれを地震雲と呼び、見ると不安になってしまうのか。

それは人間は初めて見たものや、奇妙なもの、よくわからないものに対して恐怖や不安、または好奇心といった感情を抱くのは自然なこと。

 

そんな人間が見たことのない奇妙な雲を見つけたとき、好奇心で写真をとり、SNSにアップする。

 

そしてその奇妙なよくわからない自然現象をSNSにアップした数日後にたまたま大地震が発生すれば、ネット上であの奇妙な雲は今回の大地震と関係があるのではと思い込み、その思い込みがまたSNSで拡散されていく。

 

 

しかし実際にはそのような奇妙な雲は世界で毎日のように観測されているが、ほぼ地震は起きていない。

大地震が起きた時に限って、なにかを結び付けようと前日にとった雲の写真などをみて奇妙な現象があれば「これだ!」と言わんばかりにネット上で拡散される。

たとえそれが飛行機雲であっても、大地震後の不安や恐怖にかられた人たちにはそれが「地震雲」に見えてしまうのだ。

 

 

この記事は100%完全に地震雲の存在を否定したわけではありませんが、

関連性はほぼないといってもいいのではないかとおもいます。

日本では今後地震雲については、雲の発生場所とその後の地震の発生率などをデータに残しておき、どの程度の関連性が疑えるかというアナログ的な研究を続けたいとおもいます。

 

研究の効率化のために雲の写真と場所の情報を提供いただけると助かります。

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ