南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


被害想定

甚大な被害を及ぼす液状化現象の被害!東京の埋立地の軟弱な地盤と複雑な地下構造!

阪神淡路大震災によって、ポートアイランド等で見られた液状化現象では、泥水が道路に海のように広がり、マンホールや土管が道路から突き出ていました。 また、1964年の新潟地震では新潟市川岸町のアパート群が軒並み傾いたりしました。 なぜこのような「液…

東京の地下に眠る可燃性ガスが大火災を引き起こす!再び東京の街は焼き尽くされるのか!?

東京の荒川河口付近は「東京ガス田」と呼ばれ、1972年まで商業的にガスの採集が行われていました。 つまり、東京の地下には大量の可燃性のガスが眠っているのです。 地震による地割れが発生し、その隙間からガスが噴出し、火事の火が引火すればそれこそ大惨…

被害の状況がまるで違う!首都圏で発生する大地震の恐怖! 大都市、東京が地獄と化してしまう!?

首都圏と地方では被害の状況がまるで違う 首都高速道路も横倒しになる可能性がある 逃げ場のないトンネルでの火災 地下街でも甚大な被害が生じる

首都直下地震で東京はどうなるのか!?阪神淡路大震災から学ぶ!

首都高速道路の倒壊 交通被害、建物被害は深刻に考える必要がある 倒壊や火災ばかりが人的被害を及ぼすとは限らない 鉄道、新幹線は大惨事になる 東京地下で起こる恐怖のシミュレーショ

【都道府県別】首都直下地震の被害想定と関東大震災の被害想定。

1997年、東京直下地震の被害想定 時間帯によって大きく異なる被害想定 考えが甘すぎる被害想定 現在の首都直下地震の被害想定 (M7.3)都心南部直下地震の被害想定 (M8.2)関東大震災タイプの地震の被害想定

防災における『知識』の重要さと日本の理科教育の課題!

日本でも特に活断層が多いのは近畿地方 災害を大きくする「正常化の偏見」とは? なぜ津波警報がでると人は海を見に行くのか? 日本の理科教育の課題