南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


メールマガジン
完全根拠に基づいた短期地震予測で、現在、日本列島のどこで地震発生リスクが高まっているのかを配信しています。

地震警戒情報(調査報告等)

いつ、どこで大地震が起こるのか?確率論的短期地震予測!-南海トラフ地震警戒情報

すでに減災目的でTwitterやブログで皆様に情報発信をしているわけなのですが、メールマガジンではどのような情報を配信していくのでしょうか? 簡単に説明すると、不特定多数の人に配信できないようなもの、つまり、ネット上で容易に公開できないような情報…

南海トラフ地震警戒情報「短期・直前地震予測」の配信について

6月より、毎週月曜日、水曜日、金曜日の週3日というペースで「株式会社まぐまぐ」様から厳重な審査を頂きメールマガジンを発行させていただくこととなりました。 まぐまぐは1997年にサービスをスタートして「伝えたいことを、知りたい人に」というすばらしい…

「南海トラフ地震警戒情報」Twitterアカウントフォロワーの皆様へ

助け合いの場を構築してより減災活動を現実的に、どのような形で助け合いの場を作るのか?

日向灘で大規模な地震発生!南海トラフへの影響と今後の活動は!?

日向灘でM6.3の地震が発生、今後数日後に大地震の可能性、南海トラフへの影響

※警戒情報※九州や関東地方で今後1年以内にM6.5以上の地震が起こる!?

調査対象地域、これまでの火山・地震活動、九州北部で今後地震が発生する可能性が高い、関東地方も要注意

※警戒情報※九州、沖縄地方での地震・噴火活動に要注意

九州地方南部から沖縄地方にかけての地震・火山活動、地殻変動などのデータ、そして過去の平常時の記録や歴史地震や噴火活動前後の活動記録などから総合的に、九州南部~沖縄地方で大規模な地震、噴火活動が起こる、もしくは今後さらに活発になる可能性が通…

防災における『知識』の重要さと日本の理科教育の課題!

日本でも特に活断層が多いのは近畿地方 災害を大きくする「正常化の偏見」とは? なぜ津波警報がでると人は海を見に行くのか? 日本の理科教育の課題

※警戒情報※日向灘周辺の地震と津波に要注意!南海トラフが連動する可能性も!

3月27日9時11分頃、日向灘でM5.4の地震が発生しました。 さらに、それに誘発されたかのように約5時間後に同規模の地震が発生し、宮崎県では最大震度4を観測しました。 また、それ以下の小規模な地震も頻繁に発生し始めました。 九州地方を見てみると、日向灘…

紀伊水道で地震発生 南海トラフへの影響は?

2019年3月13日13時48分頃、紀伊水道を震源とするマグニチュード5.2の地震が発生しました。 震源の深さは約50kmで、和歌山、徳島で最大震度4、その他広い範囲で震度3を観測しました。 この領域ではスロースリップが原因で頻繁に地震が起きていて、今回と同規…

3.11東日本大震災「あれから8年」

2011年3月11日(金) 14時46分ごろに、東北地方の三陸沖を震源にマグニチュード9の巨大地震が発生しました。 この地震は、日本観測史上最大規模であり、世界でも2004年のスマトラ島沖地震以来の超巨大規模で、1900年以降でも4番目に大きな地震となりました。…

岐阜県美濃中西部で地震 南海トラフとの関連は?

直前の異常な動きに対応するものなのか? 誘発地震は起こり得る? 南海トラフとの関連は?

2019年3月6日 関東南部から東海沖方向への異常データ

2019年3月6日から2019年3月7日にかけて、気になる変動が見られました。 観測地点は関東地方南部の広域で、東海沖を指すように、今までのデータからは見たことのない変動パターンのため、今後の活動を注視するしかありません。 通常、水平変動がどの方向へ動…

根室半島沖で地震発生、今後M7~M8クラスの地震に要注意!

2019年3月2日、根室半島南東沖で地震発生 根室沖で繰り返し発生する大地震 千島海溝沿いでの地震連鎖の危険性

北海道胆振地方中東部(震度6弱)で地震発生!最大余震とは?

胆振中東部でまた大地震発生 最大余震とは? 活断層への影響

宮古島北西沖で連続的に中規模地震が発生!マグマの影響か?

宮古島北西沖で連続で中規模地震を観測 震源が深い所から浅い所へ移動している 宮古島沖の海底火山 火山津波が起こる可能性 宮古島沖での地震活動

熊本地方でM4.4(震度5弱)、岩手沖でM5.7(震度4)の地震発生

熊本県熊本地方で震度5弱(M4.4) 岩手県沖で震度4の地震発生(M5.7)

近畿地方で続く異常について 3ヶ月程度中規模以上の地震活動に注意

大阪~京都などで気になる変動が見られました。 万が一、地震発生に対応する変動であった場合、中規模以上の地震となる可能性があります。 また、範囲の特定は難しいため、近畿一帯を調査対象としました。 近畿地方では、2016年前後から地殻活動が活発化し始…

沖縄~九州で相次ぐ地震について 種子島近海(M6.4) 奄美大島近海(4.4)

昨日1月8日の21時半頃、種子島近海でマグニチュード6.4の大規模地震が発生しました。 多少の海面変動はあったものの、津波被害にも至らず、内陸での揺れも最大震度4と地震の規模に対しては小さく済んだことが幸いで現在のところ目立った被害の報告はありませ…

大阪の恐ろしい様子が鮮明に浮かぶ安政南海地震の記録

大阪市大正区の木津川、大正橋のそばに建つ石碑には「大地震両川口津浪記」と題した文章が刻まれています。 碑文の最後にも記されている通り、私たちは伝えていかなくてはなりません。 そこで私はこの碑文を現代語に略し、読みやすくまとめられたものをネッ…

熊本県熊本地方 震度6弱(M5.1) ※九州広域、日向灘などでの活動に注意※

昨日3日の午後6時頃、熊本県熊本地方で震度6弱を観測したマグニチュード5.1の地震が発生しました。 地震の規模は中程度ですが、浅いところで発生した直下型地震のため震源付近では強い揺れとなりました。 前から大分県、熊本県、宮崎県の区間で気になる変動…

十勝地方南部(M5.4)最大震度4 調査報告

本日、早朝4時頃に十勝地方南部で最大震度4を観測する地震が発生しました。 深さ50km、マグニチュードは5.4で、中規模地震ですが、この領域で発生する地震でも比較的規模は大きく今後誘発地震の発生に注視したいと思います。 さらに大きな規模で再度活動する…

関東~東北の異常な地震活動と今後の活動パターン

ここ最近の地震活動を見てみると、茨城県沖から内陸南部、北部と北上し、宮城、岩手にまで活動が広がっています。 中には震度3程度の揺れを観測する地震もあり、発生前後の地殻変動データを見てみると対応すると思われる変動が多数あったことがわかりますが…

三重県南東沖でM5.3の地震「異常震域」 南海トラフや相模トラフとの関連

日付が変わった10日の00時22分頃、三重県南東沖でマグニチュード5.3、深さ370kmの深発地震が発生しました。 この地震により、関東などの離れた場所で揺れを観測しました。 これは異常震域といって、地球内部の岩盤の性質によって地震波が伝わりづら…

大分~高知~和歌山で異常な変動 南海、東南海地方での地震に注意!

1944年の東南海、1946年の南海地震の震源域とほぼ同じ領域で、強い固着状態にあるということがあきらかになっています。 そして今回、それに一致する領域で非常に気になる地殻変動が観測されました。 わかりやすく説明すると、海側のプレートが陸側のプレー…

12月下旬までに地震が発生する可能性の高い地域 (前後2週間の調査対象地域)

11月初旬からの地震活動、地殻の動き等から現在調査対象とし、当事務所にて調査を行っている地域が次のとおりです。 北海道地方(北部を除く) 福島、宮城、岩手周辺の領域 新潟 長野 和歌山〜徳島 大分、宮崎周辺 沖縄地方

11月14日 北海道胆振地方中東部での地震(M4.7)

平成30年11月14日、19時07分頃に北海道胆振地方中東部で地震が発生しました。 マグニチュード4.7 最大震度4 深さ約30km 今回地震が発生した胆振地方中東部では、数日前から小規模地震が頻発しています。

紀伊水道でM5.4の地震 南海トラフや中央構造線への影響は?

// 平成30年11月2日 16時54分頃、紀伊水道の深さ50KM付近にてM5.4と推定される地震が発生 この地震によって、和歌山県の広い範囲と徳島県那賀町などで震度4を観測し、 その他京都、大阪、奈良などで震度3の揺れを観測しました。 今回の地震…

千葉県北東部でM5.3(震度4)の地震が発生

// 2018年10月12日13時15分頃、千葉県北東部でM5.3の地震が発生しました この地震により千葉県の北東部では震度4、その他茨城県などで震度3の揺れを観測しました。 震源の深さは50kmとやや深いところで発生していますが、最近の地殻変動や地震活動、また今回…

「愛知県東部の地震」誘発地震の危険性が高いと判断

// 今朝10時すぎ頃に愛知県東部を震源とするM5.1の地震が発生 この地震について、規模や最近の変動データなどから、今後周辺で誘発地震が発生する可能性があり、調査対象としています。 今回の地震は比較的広範囲で地震の規模に対して強い揺れが観測され、周…

台風など気圧の変化による地殻への影響が地震の引き金となる可能性

台風や低気圧と地震の関連性について、急激な気圧の変化があった場合に地殻にかかる空気の圧力などが、地震を誘発する要因となる可能性が指摘され始めています。