南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、地殻変動、マグマ、火山活動や静穏化現象などの様々な異常を総合判断し、警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。


その他

地震ハザードマップはどのようにして揺れの確率を予測しているのか?

「ハザード」とは? なぜ震源から少し離れただけで極端に揺れが小さくなるのか? 地盤が硬いと揺れが弱くなると言われる理由とは? 「3.11」から800kmも離れた大阪市の高層ビルが大きく揺れた原因 地震ハザードマップ 「ハザード」とは? 最近では、地震、津…

地震本部による地震発生確率の求め方!数%以下でも危険な理由とは?

内陸地震の発生確率 条件付き確率の求め方 最近の地震の発生確率は? 内陸地震の発生確率 活断層から発生する大地震を予測するためには、過去の動きを参考にします。 厳密な地震予知は不可能ですが、動きのくせを読み解き、未来にあてはめることによって、長…

南海トラフ地震発生帯掘削計画 巨大地震は誘発されるのか?

プレート境界を掘削する目的は? 現在の状況は? 第1段階「BOP海底設置」 第2段階「超深度掘削」 第3段階「プレート境界断層の採取」 第4段階「船上分析」 掘削によって巨大地震が誘発する可能性 プレート境界を掘削する目的は? 2018年10月から行っている南…

経済活動における地震・津波の恐ろしさ

地震・津波は建物や土地、またそこに付随する設備など、あらゆる固定資産がダメージを与えます。 一定期間操業できなくなれば、企業の売り上げはその分減ります。 災害の規模によっては商品を出荷できなくなったり、交通事情の悪化で輸送に大幅な遅延が生じ…

大阪の恐ろしい様子が鮮明に浮かぶ安政南海地震の記録

大阪市大正区の木津川、大正橋のそばに建つ石碑には「大地震両川口津浪記」と題した文章が刻まれています。 碑文の最後にも記されている通り、私たちは伝えていかなくてはなりません。 そこで私はこの碑文を現代語に略し、読みやすくまとめられたものをネッ…

南海トラフ巨大地震の歴史 次はM9の地震と想定外の大津波になる可能性

東海・東南海・南海地震とは 内閣府が発表した南海トラフ巨大地震の想定はマグニチュード9.1。 静岡県から紀伊半島、四国太平洋岸にかけて20メートル以上の津波が襲い、高知県では最大34メートルに達するところがあります。 津波高10メートルの自治体は90市…

地下天気図により明らかになった衝撃の研究結果

前回お話しした、東海大学による「地下天気図」 これにより、大地震の前には、ある特徴的なパターンが出現する可能性が高いことがわかりました。 新しい予測アルゴリズム 具体的な解析結果は? 阪神淡路大震災(兵庫県南部地震) 東日本大震災(東北地方太平…

日本の地震予知研究の実情 東海地震は予知できるのか?

東日本大震災以後、「多額の国家予算を使っているのに、ひとつも予知できていない!」と、地震予知研究は批判の的となりました。 しかし、地震予知研究にあてられてきた国家予算は、それほど多くはありません。 例えば、平成25年度の予算は、約171億円で…

海洋生物や漁獲異常は南海トラフ地震などの巨大海溝型地震の前触れ?

東日本大震災と過去の三陸大津波 明治三陸地震と昭和三陸地震の前兆 東日本大震災前の漁獲異常 イワシの漁獲異常は地震の前兆なのか? 海洋生物の海岸打ち上げと地震の関係 東日本大震災と過去の三陸大津波 三陸地方は、昔から繰り返し大津波の被害を受けて…

人の感覚で認識できる地震前兆現象で地震を予知できる? 世界初の地震予知成功例「海城地震」

動物の異常行動や地震雲と呼ばれているものなど、人の目で判断することができる現象を「宏観現象」といいます。 例えば、ペットが暴れる、カラスが騒ぐ、深海魚やイルカ、クジラが打ち上げられるなどの動物の異常行動に関するもの他に、 地震雲、発光現象な…

民間地震予測情報の価値は? メディア等で有名な「週刊M○○A地震予測」の信憑性は?

あらゆる研究者達が発信する、予測情報は本当に役に立つものなのでしょうか? 全ての異常データ数のうち、実際に地震を伴った異常の数を「的中率」と表現し、全ての地震の数のうち予測されていた地震の数を「予測率」と表現します。 どちらも低いものは論外…

東北地方太平洋沖地震は本当に想定外なのか? 前兆現象も複数報告があった

2011年3月11日に発生したマグニチュード9.0の超巨大地震「東日本大震災」は、テレビのニュースでも大々的に「想定外」であると発表されました。 また、その後の福島第一原発の事故でも「想定外」という言葉が頻繁に使われました。 しかし、様々な事実が明ら…

【地域別】地震警戒情報 今後備えておくべき危険な地震とその前兆等...

北海道エリア 東北エリア 関東エリア 中部エリア 近畿エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア 沖縄・奄美エリア 北海道エリア 1990年代前半に北海道では、南西沖や東方沖などで地震が多発していましたが、21世紀になってからは比較的落ち着いてきています…

富士山大噴火は十分あり得る! いつ噴火するのか?前兆はあるのか?

日本列島は地震と火山頻発の時期に突入し、九州南部の火山のみならず、関東周辺の火山も活発化しています。 2015年の段階では、箱根山、浅間山こ火山活動が目立っていましたが、火山噴火の本命は「富士山の大噴火」です。 富士山噴火はありえない未来ではな…

いま日本列島に迫っている巨大地震とは? 今後5年以内に特に注意すべき大地震

日本列島の過去の地震活動や火山活動などから、今後大きな地震や噴火活動に注意すべき地域を長期的であれば、ある程度推定することができるようになってきました。 今後研究が進み、技術が進化してくることで、さらに精度良く地球内部の活動が読みとれるよう…

地震を予知する方法 今年から2019年にかけて、かなり大規模な直下型地震が発生する

熱移送説を地震予知に応用する 南海トラフ地震の前兆 2018年から2019年にかけて要注意 熱移送説を地震予知に応用する 熱移送で生じるマグマの動きを正確に追跡することができれば、その後に発生する地震をかなりの精度で予知できる可能性があります。 火山が…

M9クラスの超巨大地震!スマトラ島沖地震、東日本大震災発生のメカニズム公開

日本列島の土台となっているのは花崗岩層です。 そして、その下に一部溶けた岩層があり、それらをマントルが支えています。 1960年代から国際的に行われた調査により、地下150kmくらいまでの地球内部の仕組みが明らかになりました。 花崗岩層の厚さが急に変…

熱移送の研究により、今後地震の予測技術は加速する 南海トラフ地震の前兆としてみられる特徴

なぜプレート説は正しくないのか。 熱移送説が証明されるキッカケともなったマントルトモグラフィとは何なのか? そして熱移送によって、大地震はどこまで予測することができるのか? 事実のみを詳しく記事にしましたので、興味のある方はぜひ読んでください…

地震予知に向けての新常識 プレートの沈み込みによる大地震の危険性はない

松代群発地震の真相 火山付近では活断層タイプの大きな地震は起こりにくいというのは間違い? 本当に地震の原因はプレートにあるのか? 松代群発地震の真相 松代群発地震は、長野県の松代町付近で1965年8月から1970年6月まで約5年半もの間続いた、世界的にも…

次に地震が発生する地域がある程度予測ができる? 熱移送説で地震の癖がわかる?

熱移送説とは? 高温の熱の通り道とは? 地震の発生時期を予測できる可能性 ある研究者が提唱する、熱移送説という考え方で、次に地震が発生する可能性の高い地域や、それがだいたい何年後ぐらいに起こるのかなどがわかるというのです。 熱移送説とは? 熊本…

次に大地震が発生するのはどこか? 発生率ランキング

次に発生する確率が高い地域は? 1位.茨城県沖【90%以上】 2位.北海道(色丹島沖及び択捉島沖)及び三陸沖北部【90%】 3位.南海トラフ【80%以上】 4位.十勝沖、根室沖及び日向灘【80%】 5位.相模トラフ、関東地震、首都直下地震【70%以上】 6位.…

問い合わせ殺到!津波シェルターとは? 万が一の際の代用品を考える

家庭用の最強の防災津波シェルター 22トンの重さに耐えることができる頑丈なボディ 高額でなかなか買えないので、とりあえず代用品があれば備えておきたい 南海トラフ地震だけではなく、関東大震災、千島海溝沿い、琉球海溝など将来日本各地で大津波が襲うこ…

今年中、来年中に南海トラフ地震は発生する可能性は高いんですか? Twitterのフォロワーの皆様へ

今回はTwitter上でいつもお世話になっております、フォロワーの皆様へ、ひとつ記事として残しておきたいと思い、自ら執筆させていただいております。 いつも私の発信するTwitterでの情報や、記事を読んで頂き、また励ましのコメントやDMなども多くいただけて…

前震は必ず発生するのか? 大地震が起こると地震が起こりにくくなる?

大きな地震の前には前震は必ず起こるのか? 余震はほぼ必ず発生する 群発地震はなぜ発生するのか? すべての地震は誘発地震 大地震が発生することで、地震が起こりにくくなる? 大きな地震の前には前震は必ず起こるのか? たしかに、大地震の前にそれより小…

地震現象はある法則に基づいて発生している

地震観測の精度向上でより多くの地震を検出可能になった 小さな地震でも大きな津波が発生する 地震の発生には法則がある 一般的に地震が発生したときに、話題になるのは震度5弱以上を観測する大きな地震ですが、中小規模の地震はかなり頻繁に起こっています…

地殻変動の観測方法 国土の変形で地震を調査する

地殻変動の観測方法 合成開口レーダー干渉法(InSAR)とは? 日本列島は地震のあるなしに関わらず、日常的に変形しており、地震のときにはとくに激しく変形します。 ということは、地殻変動を観測することで、地震についての情報を逐一得ることができるという…

マグニチュードの正確性 なぜ度々、訂正されるのか?

マグニチュードの定義 マグニチュードは不正確? 東日本大震災はM7.9だった 正確に地震の大きさを測る「地震モーメント」 マグニチュードの定義 地震研究の進展とともに様々なマグニチュードの定義が用いられてしました。 現在よく普及しているものでも5種類…

アメリカの震度7の地震はそれほど大きくはない? 日本の震度とメルカリ震度階級の違い

地震は得体のしれない現象であるという認識が強いため、人は強く恐怖を感じてしまいます。 地震について、よく知ることは恐怖を少しでも和らげることにも繋がります。 揺れは地下深くから地表へ伝わる 私達が地震だと認識するのは「揺れ」を感じたときです。…

地震科学はどのように発展してきたのか?

科学技術は確実に進歩している 日本は地震大国と呼ばれ、その理由として世界中の至るところで発生している地震の1割以上が日本だというデータもあります。 つまり世界中で発生する地震10回のうち1回は日本で発生しているということになります。 台風や雷、雨…

台風など気圧の変化による地殻への影響が地震の引き金となる可能性

台風や低気圧と地震の関連性について、急激な気圧の変化があった場合に地殻にかかる空気の圧力などが、地震を誘発する要因となる可能性が指摘され始めています。