南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。




2018.12.5更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、東北
Level.2:長野、関東南部
Level.1:和歌山、徳島

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

その他

地震予知に向けての新常識 プレートの沈み込みによる大地震の危険性はない

松代群発地震の真相 火山付近では活断層タイプの大きな地震は起こりにくいというのは間違い? 本当に地震の原因はプレートにあるのか? 松代群発地震の真相 松代群発地震は、長野県の松代町付近で1965年8月から1970年6月まで約5年半もの間続いた、世界的にも…

次に地震が発生する地域がある程度予測ができる? 熱移送説で地震の癖がわかる?

熱移送説とは? 高温の熱の通り道とは? 地震の発生時期を予測できる可能性 ある研究者が提唱する、熱移送説という考え方で、次に地震が発生する可能性の高い地域や、それがだいたい何年後ぐらいに起こるのかなどがわかるというのです。 熱移送説とは? 熊本…

次に大地震が発生するのはどこか? 発生率ランキング

次に発生する確率が高い地域は? 1位.茨城県沖【90%以上】 2位.北海道(色丹島沖及び択捉島沖)及び三陸沖北部【90%】 3位.南海トラフ【80%以上】 4位.十勝沖、根室沖及び日向灘【80%】 5位.相模トラフ、関東地震、首都直下地震【70%以上】 6位.…

問い合わせ殺到!津波シェルターとは? 万が一の際の代用品を考える

家庭用の最強の防災津波シェルター 22トンの重さに耐えることができる頑丈なボディ 高額でなかなか買えないので、とりあえず代用品があれば備えておきたい 南海トラフ地震だけではなく、関東大震災、千島海溝沿い、琉球海溝など将来日本各地で大津波が襲うこ…

今年中、来年中に南海トラフ地震は発生する可能性は高いんですか? Twitterのフォロワーの皆様へ

今回はTwitter上でいつもお世話になっております、フォロワーの皆様へ、ひとつ記事として残しておきたいと思い、自ら執筆させていただいております。 いつも私の発信するTwitterでの情報や、記事を読んで頂き、また励ましのコメントやDMなども多くいただけて…

前震は必ず発生するのか? 大地震が起こると地震が起こりにくくなる?

大きな地震の前には前震は必ず起こるのか? 余震はほぼ必ず発生する 群発地震はなぜ発生するのか? すべての地震は誘発地震 大地震が発生することで、地震が起こりにくくなる? 大きな地震の前には前震は必ず起こるのか? たしかに、大地震の前にそれより小…

地震現象はある法則に基づいて発生している

地震観測の精度向上でより多くの地震を検出可能になった 小さな地震でも大きな津波が発生する 地震の発生には法則がある 一般的に地震が発生したときに、話題になるのは震度5弱以上を観測する大きな地震ですが、中小規模の地震はかなり頻繁に起こっています…

地殻変動の観測方法 国土の変形で地震を調査する

地殻変動の観測方法 合成開口レーダー干渉法(InSAR)とは? 日本列島は地震のあるなしに関わらず、日常的に変形しており、地震のときにはとくに激しく変形します。 ということは、地殻変動を観測することで、地震についての情報を逐一得ることができるという…

マグニチュードの正確性 なぜ度々、訂正されるのか?

マグニチュードの定義 マグニチュードは不正確? 東日本大震災はM7.9だった 正確に地震の大きさを測る「地震モーメント」 マグニチュードの定義 地震研究の進展とともに様々なマグニチュードの定義が用いられてしました。 現在よく普及しているものでも5種類…

アメリカの震度7の地震はそれほど大きくはない? 日本の震度とメルカリ震度階級の違い

地震は得体のしれない現象であるという認識が強いため、人は強く恐怖を感じてしまいます。 地震について、よく知ることは恐怖を少しでも和らげることにも繋がります。 揺れは地下深くから地表へ伝わる 私達が地震だと認識するのは「揺れ」を感じたときです。…

地震科学はどのように発展してきたのか?

科学技術は確実に進歩している 日本は地震大国と呼ばれ、その理由として世界中の至るところで発生している地震の1割以上が日本だというデータもあります。 つまり世界中で発生する地震10回のうち1回は日本で発生しているということになります。 台風や雷、雨…

新潟県の過去の被害地震と主な活断層

新潟県の過去の被害地震 新潟県の主な活断層 櫛形山脈断層帯 月岡断層帯 長岡平野西縁断層帯 十日町断層帯 六日町断層帯 高田平野断層帯 佐渡島北方沖 スポンサーリンク // 新潟県の過去の被害地震 新潟県でよく知られている被害地震は1670年に発生した新潟…

地震予測実験 調査期間10月1日~10日分

読んでいただく記事としてではなく、個人的な調査記録を興味のある方と共有するために公開しているだけですので、読みにくい内容になる場合がありますがご理解ください。 スポンサーリンク // 北海道地方 門別、厚真石狩低地東緑断層帯で活動の可能性南西の…

地震予測実験(結果)15日~27日、調査期間約2週間

読んでいただく記事としてではなく、個人的な調査記録を興味のある方と共有するために公開しているだけですので、読みにくい内容になる場合がありますがご理解ください。 スポンサーリンク // 北海道地方 門別(南)えりも~根室(逆)厚真(南西)いずれも…

地震予測実験 調査期間ー2018年9月15日~9月27日

読んでいただく記事としてではなく、個人的な調査記録を興味のある方と共有するために公開しているだけですので、読みにくい内容になる場合がありますがご理解ください。 北海道地方 門別(南) えりも~根室(逆) 厚真(南西) いずれも変動は大きい 石狩…

地震予測実験の一週間後の結果について

9.10ー9.14の地震予測実験から一週間、どの程度の結果が得られたのか。 統計調査として記録に残していきます。

地震予測実験 2018.9.10~9.14

地殻変動、地中電磁波などの観測データを過去の調査記録から可能性のあるものを複数のパターンに分け、どの程度予測ができるのか可能性を求める統計調査。

台風など気圧の変化による地殻への影響が地震の引き金となる可能性

台風や低気圧と地震の関連性について、急激な気圧の変化があった場合に地殻にかかる空気の圧力などが、地震を誘発する要因となる可能性が指摘され始めています。

地震が少ない、安全な地域はどこか?

地震大国とも言われる日本列島ですが、安全な地域はあるのか? 過去の地震、今後発生する可能性のある大地震、活断層の位置などから、地震の少ない地域を絞ってみました。

地震が発生するしくみ

地震がどのように発生しているのか、プレート内部で発生する断層型の地震、プレート境界で発生する海溝型の地震など、そのメカニズムをわかりやすく例えながら説明します。 また、それらの以外の様々な要因で発生する地震もあります。

南海トラフ地震の危険な地域、安全な地域。衝撃的な原発の被害予想とは

南海トラフ地震が発生した場合の危険な地域をざっくりとイメージしやすいようにランキング形式にしました。 更にその中で1番、2番、3番目に被害の大きいとされる地域についてまとめてみました。 また浜岡原発の事故が起きた場合の専門家の被害予想について…

南海トラフのプレート境界でスロースリップ現象とそれに伴う深部低周波地震を気象庁が観測。

南海トラフのプレート境界でスロースリップ現象が起こっていることが明らかになっており、その影響で深部低周波地震という無感地震が発生しているのを気象庁が観測しました。

南海トラフ巨大地震はどこまで解明されているのか?いつどれくらいの規模で発生するのか?

南海トラフ巨大地震は国が最も恐れる災害として、様々な対策や予測が行われています。 現在研究者や国の調査によってどこまで解明されているのかを、ざっくりと知っていただくために記事を一つ書かせていただきました。 南海トラフとは ・南海トラフ地震の周…

【地震予測の考え方】将来的に予知することは可能になるのか?

地震の予測、予知は可能なのか? それとも絶対不可能なのか? このような地震予測についての考え方を賛否分かれると思いますが記事にさせていただきました。 ぜひ何かの参考にして下さい。

南海トラフ巨大地震は政府の想定する最悪のケースになる可能性が高い!?

前回の震源域の倍以上の震源域が想定され、政府の想定するマグニチュード9クラスの超巨大地震というのがより現実的なものになってきました。

関東大震災、首都直下型地震はいつ起きる?南海トラフが連動する可能性も

関東大震災、首都直下型地震、南海トラフ地震、東日本大震災。 これらの巨大地震がすべて連動している可能性があり、相模トラフや南海トラフでの地震の発生がより疑われる方向になりました。

中央構造線断層帯での地震発生に注意!(南海トラフ調査報告)

スポンサーリンク // 前回送られてきた資料では南海トラフ地震の発生を疑うデータが多数みられましたが、一昨日から本日にかけて電磁波等観測データにも異常が見られ、地殻にも気になる動きが見られました。 南海トラフ地震発生の可能性は高い状態なのか? …

南海トラフだけじゃない!北海道を襲う海溝型巨大地震

日本で起こるとされる南海トラフ地震や関東大震災。 しかしあまり取り上げられることが少ないだけで実際にはそれ以外にも巨大地震が起こるとされる地域があります。 その一つに北海道で発生するとされる大津波を発生させるほどの規模の巨大地震があります。

日本で頻発する地震を人工地震と疑うことはできるのか?

東日本大震災から始まり、熊本地震や鳥取、大阪など大きな地震が発生するたびにネット上で人工地震だという書き込みがされています。 本当に日本で頻発する地震について、人工地震だと疑う要素はあるのか?可能性はあるのか?詳しく調べてみました。

南海トラフ地震はいつくるのか?今、特に警戒すべき地域は?

スポンサーリンク // 「南海トラフ地震はいつくると思いますか?」 「次はどこが危ないと思いますか?」 特にお問い合わせの多かったこの二つの質問について、まとめて記事にして皆様と共有したいと思います。 《 目次 》 南海トラフ地震はいつくるのか? 観…

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ